東証2部上場の三谷商事株式会社が運営する激安通販 IJCAD【 見てね価格 】

AutoCAD互換のIJCAD

見てね価格はIJCADの正規取扱店です。

IJCAD2016

  • 圧倒的な描画性能
  • 快適で確実なマウスタッチ
  • 64bit対応により大容量でもOK
IJCADはDWG・DFX・DWF・PDF・JWWなども扱えるAutoCAD互換CADです。
IJCAD2016

選ばれる理由

  • AutoCADとの互換性
  • 上質で快適な操作感
  • リーズナブルに購入

AutoCADとの高い互換性

IJCADはAutoCADユーザーが戸惑うことなく利用できるよう各種コマンド・ダイアログデザインの雰囲気をAutoCADに似せて作られています。 そのため、他の互換CADにありがちな「コマンドが見つからい」「設定がわからない」という戸惑いはほとんどありません。 AutoCADユーザーであれば移行のためのトレーニングなしに直ぐにご利用いただけます。


理由

上質で快適な操作感

IJCADはアイコンやダイアログのデザインをシンプルで使いやすく、心地よい操作感を味わえるよう心掛けて作られています。 たとえ美しいデザインでも操作感に悪影響があるようなものは採用しません。 一方、余りにも殺風景で古いデザインでは使っていて楽しくないものです。 IJCADは常にアプリケーションデザインのトレンドを考慮し、ユーザーが一番心地よく利用できるデザインを追及して作られています。


理由

大容量図面にも対応

IJCADは、64bit対応により大容量データも扱えるようになりました。右の画像は70MBの地図データを8面に複写したもの(560MB)です。 このデータでも作図・編集が可能となりました。 ※データ要素の種類により対応可能な容量に差異があります。

理由

※ノートPCで評価 (Windows 7 , Core i 5 , 12GB メモリ , 128 SSD)

リーズナブルな価格設定

既に2次元CADのテクノロジーは成熟しており、新しい技術革新はほとんどありません。 互換CADメーカーが開発を継続して行っていけば、いずれ純正品と同レベルの品質・性能に到達するのも時間の問題でした。 低価格であってもこのIJCADはAutoCADの補完的な利用ではなく、主力CADとしての実力を既に備えています。


理由

革新的な機能

  • PDFデータ復元機能

    PDF図面データをCADデータとして取り組み、編集・加工が可能です。

  • ダイナミックブロック

    IJCAD 2016 は配置されたダイナミックブロックのグリップ操作に対応。設定されたアクションを視覚的に操作できます。

  • .NET対応

    AutoCAD上で開発されたObjectARXアプリケーションも容易にIJCADへ移植できるようになりました。

馴染みやすい操作性

IJCAD 2016 は、新しい日本語用 SHXフォントを搭載。 extfont2.shx などを利用した図面ファイルを開く場合、旧来はあらかじめフォントの環境設定が必要なことがありましたが、 IJCAD 2016ではその必要がなくなりました。 その他、各コマンドの細かな動作などがより近年の AutoCAD に近い形に最適化されており、AutoCAD互換CADの IJ_IntelliCAD、IJCAD、IJCADX、全てのユーザ様によりよいCAD環境を提供します。

理由

PDFファイルの読み込み(PDFIN)機能

理由

IJCAD 2016 の PDF → CAD 変換機能は、PDFファイルをイメージ参照のように表示するアンダーレイ機能とは異なり、PDF図面データをCADのデータとして読み込む機能です。
※CADデータをPDF書き出ししている場合に限ります。
CADデータとして取り込むため、取り込み後に編集・加工を行う事ができます。 変換したい PDF 図面を選択、読み込みのオプションを指定するだけで OK! PDF ファイルでしか保存されていない図面の再利用に活用できます。


複数ページの読み込みも可能

複数ページの PDF ファイルも一括で変換可能です。
IJCAD 2016 では、ページをタイル上に読み込む事も可能です。
右図は、IJCAD 2016 のオプション設定画面。

DWG、DXF、JWW、PDF として 保存

PDF読み込みで読み込んだ CAD 図面を CAD 上で編集した後で、図面ファイルとして保存することができます。 IJCAD 2016で対応しているファイルで保存・書き出しできますので、 DWG(〜2013形式)、DXF(〜2013形式)、JWW ファイルの他に 再度 PDF ファイルへ書き出しするといった利用もできます。 また、IJCAD Civil 2015 であれば p21 や sfc ファイルへの書き出しも可能です。

理由